COVID-19でスタッフの安全を確保する

Bookings ONEで社員や来客の健康と安全を守りましょう。来客管理とワークスペースのスケジューリングで、COVID-19期間中と終了後のオフィスへの復帰を管理します。
Html.Raw(COVID-19でスタッフの安全を確保する)

新常識への対応

COVID-19が流行している間、企業は職場の管理で様々な問題に直面します。社員を職場に戻すには、安全確保と柔軟な働き方ができるよう、慎重な管理が必要です。現在、どのような課題があるのでしょうか。
来訪者を安全に受け入れる

来訪者を安全に受け入れる

COVID-19の流行期において、来訪者の受け入れは大きな課題の一つです。管理者は来訪者に過去の渡航歴や健康状態を尋ね、その記録を追跡することで、検査で陽性となった来訪者と社員との不測の接触を防ぐ必要があります。
スタッフの社会的距離の維持

スタッフの社会的距離の維持

社会的距離を置くことは、すべてのスタッフが安全であり続けるための新しい規範です。各ワークスペースや会議室では、COVID-19のガイドラインを効率的に導入できるよう、安全に使用できる最大人数を設定し、できれば全スタッフに見えるようにする必要があります。
ワークスペースの効果的な除菌

ワークスペースの効果的な除菌

ワークスペースを使用する際は、感染の拡大を防ぐために消毒を行う必要があります。ワークスペースのスケジューリングを行い、除菌の手順を管理することが必要です。
社員への柔軟な対応

社員への柔軟な対応

スタッフは、いつワークステーションに来ることができるのか、また同じ敷地内で誰と一緒に仕事をすることができるのか、十分な可視性が必要です。また、社員が自宅で仕事をする日を選択できるよう、柔軟性を持たせる必要があります。
来訪者をケアする
受付システムにより、誰が、何時に、何のためにオフィスを訪れるかを把握することができます。また、タッチスクリーンでのサインインにより、健康的な職場環境を実現します。
来訪者の事前審査

来訪者の事前審査

来訪者は、事前に登録フォームに記入する必要があります。健康状態やセキュリティなどの条件を満たしていない訪問者がいた場合、入館を拒否することができます。
タッチフリーログイン 

タッチフリーログイン 

モバイル端末でQRコードを読み取るだけで登録できる、シームレスなタッチフリー登録を導入しています。
コンタクトトレース検索

コンタクトトレース検索

社員や訪問者が陽性と判定された場合、管理者は即座に密接に働いていた社員や会議に出席していた社員の詳細を検索し、さらなる適切な対処を行うことができます。
距離と柔軟性を保つ
ワークスペース・スケジュール・システムは、社員の社会的距離と柔軟性の両方を維持するために役立ちます。デスク、ワークスペース、衛生管理は、これからの新常識でどのような形になっていくのでしょうか。
ワークスペースの密度を下げる

ワークスペースの密度を下げる

会議室やホットデスクの数を減らすことで、社会的距離を効果的に調整することができます。
オンラインでコントロール

オンラインでコントロール

社員はウェブやモバイルの管理コンソールからワークスペースを予約することができます。空いているスペースを簡単に検索し、複数日予約することができます。また、同僚には、現地や自宅で仕事をする予定の日が通知されます。
ワークスペースを清潔に保つ

ワークスペースを清潔に保つ

必要なワークスペースの清掃サービスを事前に設定しておけば、予約ワークフローが次のユーザーの安全と健康を守るための除菌依頼をトリガーします。
ウイルスからスタッフを守る
チームの健康と生産性を維持するためのスマートオフィス運営のヒントやツールに関するご質問・ご相談など、お気軽にお問い合わせください。
詳細はこちら
お問い合わせ